buta_otokoの受け皿[8000コン隠し文書投稿済み]
buta-otoko

buta_otokoの受け皿8000コン隠し文書投稿済みサンドボックスのルールに違反しています。これが表示されている場合は、管理者へのPMまたはこちらから連絡して下さい。

Beware! The code you are about to see was cruft by wicked hands…

気を付けろ!これから見ようとしているコードは邪悪な手によって書き換えられたものだ……

There is nothing here for you but sorrow, member of the tech team.

技術チームの者たちよ、ここには不幸しか無い。

Turn back now!

今すぐ引き返せ!


Here be dragons!

ここにドラゴン在り!


Image: Logo in ornate text that says "SCP-8000 CONTEST: Fantasy"

画像: 「SCP-8000コンテスト: 幻想」と華やかな文字で書いてあるロゴ


Image: Two girls are standing in front of a doorway pouring with glowing white light. The one on the left is dressed in an outfit mixed between laboratory chic and witch's attire. She has a capricious look on her face and her arms are outstretched, encouraging her friend towards the door. The other girl, the one on the right, is wearing a green dress with golden trims and a blue bow on the back. She has a large tome tucked under one arm and a white snake coiled around the other. All around them, doors are swirling in a vortex and floating into the sky.

画像: 二人の少女が、白色に輝く光が降り注ぐドアの前に立っている。左側の少女は白衣と魔女の服装を組み合わせた衣装を身に纏っている。気まぐれな視線を顔に浮かべ、腕はドアに向かい友達の後を押すように鼓舞する。もう一方の、右側の少女は背中に黄金色の装飾が施され、青色のリボンが結ばれた緑色のドレスを着ている。片方の腕の下に大きな書物を挟み込み、もう片方の腕の周りには白い蛇が巻き付いている。二人の周囲ではドアが渦を巻き、空に浮かんでいる。


Author's Note

著者ノート


Hello, my name is Anonymous S.

こんにちは、私の名前は匿名S。

It's nice to meet you.

会えて嬉しいです。

I'm a shut-in living in a forgotten place buried among geysers. It reeks of mold and the walls are devoured by mayflies and ants, but I'm okay with all of that. As long as I stay away from humans, I can live a peaceful life.

私はガイザーの間に埋もれた忘れられた場所に住んでいる引きこもりです。カビの臭いがして、壁はカゲロウやアリに食い荒らされていますが、私は平気です。人間から距離を取っている限りは、平和な生活を送れます。

The banner art was inspired by my time in this place. Since everyone died 5000 years ago, I have seen many things happen. Things change, people come and go, everything moves so quickly — it makes me a little sad. But that's okay, because I'm a statue that only moves when you're not looking.

バナーアートは、私がこの場所で過ごした時間からインスピレーションを受けたものです。5000年前に皆が死んで以来、数々の事の始まりを見てきました。物事の変化、人々の行き来、全てがあまりにも早く動く — それには少し悲しみを覚えます。でも私は大丈夫、なぜなら私はあなた方が見ている時にだけ動く彫刻だから。

Did you hear we'll have 10,000 stories soon? It's kind of scary, isn't it? Some people even want to end it there, but I'm not sure that's possible. Looking back, you can see the doors bearing the marks of past eras being thrown mercilessly into the infinite future. In this way, I feel we are falling to the stars without a choice.

もうすぐ物語の数が10000になることは聞きましたか?何だか怖いですね。そこで終わりにしたいという人もいますが、可能かどうかは私には分かりません。思い返してみると、過去の時代の痕跡が刻まれたドアが、無限の未来に容赦なく投げ込まれていることが分かります。このように、私たちは選択の余地なく星に向かって堕ちていっているように感じるのです。

Anyways, I hope to read more of your stories soon! When you run out of things to say, I'll go to sleep and dream until the end of time. But until then, let's have fun in this fantasy together.

ともあれ、私はあなた方の物語をもっと読みたいです!あなた方の言葉が尽きた時は、私は眠りに就き時の終幕まで夢を見ます。でもそれまでは、共にこの幻想を楽しみましょう。

Thank you for reading. ✌️

読んでくれてありがとう。✌️